セラピストインタビュー

当事者インタビュー

障がい者と健常者の間の心の溝をグラデーションにしたい。理学療法士 小林純也さん 【脳卒中】

23歳で脳卒中を発症。障がいを強みに変えるために理学療法士資格を取得。現在は回復期病院に勤務しつつ、執筆活動、講演活動などを行っており、一般社団法人脳卒中フェスティバルの代表を勤めている小林純也さんを取材させて頂きました…