逆境をチャンスに変える!?ハンデを持つ人が煌めく瞬間!

コラム

「私は、短所があるから。」「障害があるから。」そう思い塞ぎ込んだり自分の進路を塞いでしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、障害も持つ人には、その人ならではのモチベーションの保ち方と思考力が備わっているケースが多く見られます。今回は、それら障害者の強みを踏まえて、障害者が煌めくポイントをお話します。

目次

  • 障害がもたらすマイナスの心境
  • 障害者のネガティブモチベーション
  • 障害があることによるエッセンシャル思考
  • さいごに

障害がもたらすマイナスの心境

障害を持つことは、多くの人にとって困難な状況を生み出します。

日常生活のあらゆる面で、障害者はさまざまな制約やハンディキャップに直面することがあるからです。

例えば、身体障害で洋服を着ることやキーボートを打つことが厳しい方もいれば、内面的障害で対面でのコミュニケーションが辛い方など、挙げればきりがありません。

それによって、障害やハンディキャップをもつことで自己評価が低くなったり、自分の能力を過小評価することがあります。

しかし、このようなマイナスの心境も、逆境をチャンスに変えるきっかけとなることがあります。

障害者のネガティブモチベーション

障害者は、他の人たちと同じように、ネガティブな感情や状況に対処しなければなりません。

しかし、障害者にとっては、ネガティブな状況や感情が、より強いモチベーションにつながることがあります。

障害を持つことによって、彼らは周囲の人々からのサポートや助けを得ることが難しくなることがあるため、自ら逆境を乗り越える力を身につける必要があります。

ネガティブな状況に対処することで、彼らは自己成長を促し、困難な状況に対処する能力を磨くことができます。

ネガティブモチベーションは、一般的には否定的な要素や心境を利用して自分を奮い立たせる動機づけの方法です。

一見するとネガティブモチベーションは良くないもののように思われがちですが、適度に利用することでいくつかの良い点があります。

緊張感を高める: ネガティブモチベーションは、失敗や不安を避けたいという思いからくるため、緊張感を高める効果があります。これにより、自分にプレッシャーをかけて集中力を向上させることができます。

困難に立ち向かう力を引き出す: ネガティブモチベーションは、困難な状況や問題に対処するためのエネルギーを引き出すことができます。適度なネガティブモチベーションは、自分の限界に挑戦し、成長する機会を生み出します。

自己改善への意欲: ネガティブモチベーションは、自分の弱点や欠点を認識し、それを改善する意欲を引き出すことができます。自分の現状に満足せず、常に向上心を持って努力する姿勢が身につきます。

目標達成への執着: ネガティブモチベーションは、目標達成への執着心を強める効果があります。達成しなければならない目標があると、そのプレッシャーが自分を追い込み、達成への意欲を高めます。

このように、見方を変えれば障害者の成長機会とモチベーションは大きなものだと言えます。

障害があることによるエッセンシャル思考

エッセンシャル思考(Essentialism)とは、自分にとって本当に重要なことに焦点を当て、無駄なものや活動を取り除くことに重点を置くライフスタイルや哲学です。

この考え方は、自分の人生や仕事において、最も価値のある目標やタスクに集中し、他の余計なことにエネルギーや時間を使わないように意識することに繋がります。

障害を持つ人は、日常生活の中で様々な制約や困難に直面することがあります。

それゆえ、障害者は選択を否応なく迫られる経験を沢山積んできています。

その経験の蓄積は、エッセンシャル思考を磨いているとも言えます。

障害があることで、障害者は問題解決の方法を独自の視点で考えることができ、新しいアイデアや解決策を見つけ出すことができます。

このエッセンシャル思考力は、障害者が働く場で大きな強みとなり、彼らの煌めく瞬間を生み出すきっかけとなります。

エッセンシャル思考の構成要素を考えると、社会での貢献度がよりわかりやすくなります。

エッセンシャル思考には4つの構成要素があります。

1.優先順位の明確化

 エッセンシャル思考では、自分にとって本当に重要なことを明確にし、それに焦点を当てます。これにより、自分の時間やリソースを最も価値のある活動に集中させることができます。

 

2.「ノー」と言う勇気

エッセンシャル思考を実践するためには、「ノー」と言う勇気が必要です。自分にとって本当に重要でないことや、自分の目標に寄与しない活動を断ることで、より重要なことに時間とエネルギーを割くことができます。

 

3.余計なものを取り除く

ッセンシャル思考では、自分の人生や仕事から余計なものを取り除くことが重要です。これには、不要な物、無駄な時間の使い方、エネルギーを浪費する関係などが含まれます。

 

4.効率と効果を追求

エッセンシャル思考者は、自分の時間やエネルギーを最も効果的に活用する方法を追求します。これにより、最小限の労力で最大限の成果を生み出すことができます。

 

障害者は常にこれらを無意識に行っていると言えるでしょう。

事実、怪我・病気による入院や、障害を持ったことをきっかけに起業に至った方の話はよく聞きます。

このように、障害は人の考え方をシャープに、そして磨きをかける要因となりえます。

 

さいごに

障害を持つ人が逆境をチャンスに変えることは、容易なことではありません。

しかし、困難な状況を乗り越え、自分の強みを活かすことで、煌めく瞬間を迎えることができます。

障害者は、ネガティブな状況や感情をモチベーションに変え、エッセンシャル思考力を身につけることで、自分の持つ力を発揮し、成功へと導くことができるのです。

私たちにできることは、障害者の持つ強みや可能性を認め、困難を乗り越えるサポートをすることです。

社会全体が障害者の能力を理解し、障害者の煌めく瞬間を応援することで、障害者も含めた多様な人々が共に成長し、より豊かな社会を築くことができるでしょう。

逆境をチャンスに変えることは、決して容易ではありませんが、それを可能にする人々の力強い物語は、私たちに希望と勇気を与えてくれるはずです。

情報提供企業(株式会社RESTA)
サービス:https://resta.social/
お問合せ:https://lin.ee/szxBTuC